会社辞めたい40代はどうすべき??40代が転職する際に考えるべきこと

転職と聞くと、20代や30代の方が行うものだと思っていませんか?

40代にもなると安定した仕事に就き、転職とは無縁の生活を送るものだとお考えの方も多いと思います。

しかし実際にお話しを聞いてみると、40代でも転職したいと思っている方は多くいらっしゃいますし、すでに転職しましたという方もたくさんいらっしゃるのが実情です。

そこで今回は、40代で転職したいと考えている方にとって有益な情報を、様々な視点からご紹介していきたいと思います。

40代で転職を考える主な理由

まず初めに、40代で転職を考える主な理由についてご紹介していきたいと思います。

賃金に不満がある

40代で転職を考える一番の理由は「賃金に不満がある」からでしょう。

40代ともなると世帯を抱えている方も多くいらっしゃいますし、一家の大黒柱のような存在の方がほとんどです。

そんな中「もっと給料が欲しい」「業務内容に見合った報酬が欲しい」という思いから、転職を考える方が多くいらっしゃいます。

仕事内容に不満がある

仕事内容に不満がある方の多くも、40代からの転職を考える傾向にあります。

40代ともなると、ただ仕事をこなすだけの日々を過ごしている方もたくさんいらっしゃいますよね。しかし、本音はもっと興味のあることに精を尽くしたいもの!

このような悩みを抱えている方が、さらなる刺激を求めて転職を考えるケースもあります。

人間関係が嫌だ

職場の人間関係は、若者だけが抱えている問題ではありません。

とある企業が行った調査によると、課長クラスの方が退職する理由の65%以上はこの“人間関係”が上手くいっていないからだと明らかになっているんです。

急な異動や納得できない評価など、人間関係が悪化する理由は様々なところに潜んでいます。

またコミュニケーション力の欠如から、部下との人間関係を上手に形成できずに転職を考える方もたくさんいらっしゃいます。

40代の転職は難しい??

上記でご紹介してきたように、40代からでも転職したいと思っている方が多くいらっしゃる反面、難しいと言われているのが現状です。

では40代からの転職がどうして難しいと言われているのか、いくつかの理由について取り上げてみたいと思います。

賃金が高い

40代の転職が難しいと言われる1つ目の理由は「賃金が高いから」でしょう。

当然ですが、40代の転職者を採用する際は新卒採用するよりも、年収が高く設定されます。

本人はそれほど高い年収を必要としていなくても、やはり会社としては年齢に見合う年収を提示すべきだと考えるもの。

いくら即戦力であれ、新しく迎え入れる40代の社員に対して高い年収を払うのは難しいと考える企業が多いのが現状です。

活躍できる期間が短い

40代で新しく採用しても実際に活躍できる期間はかなり短いです。20代で採用する人材と比べても働ける期間は半分程度ですし、体力面でも衰えていると判断されます。

これらのことを考えると採用側の企業は「コストが悪い」と考えるのが一般的!

特に体力を使う営業職では、40代を過ぎてからの転職はかなり難しくなっている傾向にあります。

扱いが難しい

40代ともなるとこれまでにさまざまな経験をしてきているもの。それに伴って、プライドが高い方も多くいらっしゃると思います。

もし年下の社員に指示されたとき、あなたは素直に行動することができますか??

企業側としては、40代で入社してきた社員に対してあれこれと指示をするのはとても気を遣う行為であり、それを避けるために書類選考の時点で採用を見送る場合もたくさんあります。

40代はどうすれば転職できるのか

それでは40代での転職は無理なのか??結論から言いますと“十分に可能です”!

そこで最後になりましたが、40代で転職するために大切ないくつかのポイントについてご紹介していきたいと思います。

諦めないこと

これはどの年代にもいえることですが、特に40代の転職を成功させるためには「諦めないこと」が大切です。

40代の転職はやはり現実的に考えるととても難しく、書類審査の時点で落とされることや、そもそも年齢制限に引っ掛かり応募すら出居ない場合も多々あります。

しかし、あまり細かな応募条件は気にせず、興味を持った企業には積極的に応募書類を送るようにしましょう。

必要な資格を取っておく

40代で転職するなら、「必要な資格を取っておく」ことが大切です。これは“必要な資格”というのがキモで、どんな資格でも取っておけば有利というわけではありません。

40代で転職するならぜひ取っておいてほしい資格は以下の通りです。

40代で転職するなら取っておいてほしい資格
  • マンション管理士/管理業務主任者
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士
  • 電気工事士
  • 第二種運転免許
  • 医療事務
  • ファイナンシャルプランナー
  • 介護福祉関係

これらの資格は業務に直結するもので、転職の際も有利になります。

持っていれば必ず転職できるというわけではありませんが、できるだけ好条件で転職するためにもぜひ取っておくようにしましょう。

転職サイトを利用する

意外と知られていないのですが、40代の転職では「転職サイト」がとても役に立ちます。

みなさんの中には仕事が忙しく、なかなか転職活動ができない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

転職サイトはスマホやパソコンで全国の求人をまとめて見ることができますし、なによりその求人数の多さがハンパないんです。

また、転職サイトによっては専門知識を持った担当の方が転職のサポートを行ってくれますので、難しい40代での転職もスムーズに行うことができます。

これから転職を始めたいと思っている40代の方なら、ぜひ1度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、会社を辞めたいと考えている40代の転職事情についてご紹介してきました。やはり40代での転職は20代・30代と比べるとかなり難しくなっています。

しかし、しっかりと知識とやる気をもって挑めば、決して無理なものではありません。

上記でご紹介してきた転職サイトもきっとみなさんのお役に立つはずですので、上手に利用してぜひ理想の職場を見つけてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です